3Dモデリング 入門 -Rhinocerosのすすめ

posted in: Make, Technology, Tool | 1
はてなブックマーク

3Dモデリング 入門

 何回かに分けて3DモデリングソフトのRhinocerosの使い方について解説したいと思います。

 読み手は私の様に、はじめて3Dモデリングに取り組む人を対象にしています。

 3Dモデリングに入門する人達が、とりあえず自分で作りたいものをなんとか描けるようになるまでを目指しています。初心者の私がつまづいたポイントやステップアップするため活用した情報等を何回かに分けて紹介していきたいと思います。

こんな人におすすめ

 私自身も完全に初心者なので、基本操作や初心者がつまづいた部分を中心にまとめていきます。今回はRhinocerosを知るまでの経験からこのソフトのPRポイントを紹介します。(情報の活用は自己責任でお願いします。)

  • 3DCGと3DCADって何が違うの?という人
  • 3Dプリンタで何かを作ってみたい人
  • かっこいい3Dグラフィックスを将来的に自分で書きたいと思っている人
  • Macを使っている人(金銭的な理由)

なぜRhinocerosなのか

Rhinoceros
Image via http://www.rhino3d.co.jp

3Dモデリング入門時に最初に迷うのがソフトウェアです。ソフト毎に色々と特徴があります。下のサイトに有名なソフトがまとめてあります。

定番からマイナーまで、3DCGソフト/3DCADいろいろ – NAVER まとめ
沢山の選択肢のある3DCG/3DCADソフト

 当然ながら目的や環境によりベストチョイスは変わるでしょう。なぜRhinocerosをおすすめするかについて書いていきたいと思います。

CGもCADも対応できる

Cg cad comparison

映像(3DCG)と設計(3DCAD)の比較イメージ


 Rhinocerosは実際に多くのものづくりで使われている3Dモデリングソフトウェアです。

いわゆる絵を書くことに特化した3DCGと設計図を書くことに特化した3DCADの両用途で利用することができます。

 プロトタイピングやコンセプト提示が主な場合には、実際に3Dプリンタで使用したい設計図を書く作業(CAD用途)もあれば、完成品の想定図をみせるために3DCGを書きたい事もあるかとおもいます。Rhinocerosはこの両方の用途に高いレベルで対応可能なポテンシャルがあります。

 下の動画をご覧いただくと作例や使用シーンがよく分かります。

3DCGソフトでも3Dプリンタでの出力は可能です。ただし複雑な設計はCADが推奨されます。もし興味があれば下の記事でとても良くまとめてくださっていたのでご参考ください。

無料で利用可能

upload

 Rhinocerosはとても高機能なソフトですが、Rhonocerosは現在OSX向けに体験版が提供されており、Macユーザーは無料(フリー)で利用することができます(いつか有料になる可能性はあり)。体験版とはいっても全ての機能を使うことができます。

 高機能な3Dモデリングソフトウェアを無料で体験できるのは大きなメリットかと思います。操作方法もスケッチアップとAutoCADを組み合わせた様な使用感で、扱い易いと感じました。

スキルとして活きる

モデリングスキル

 Rhinocerosは様々な業界で実際に使用されているソフトなので、ある程度使いこなせるようになると履歴書等でアピールすることができます。実際にライノで作った作品のポートフォリオ等をみせればモデリング技術を示す良い指標になるのではないでしょうか。

 実際に製造業だけでなく、建築分野の友人もRhinoを仕事で使っていたり、覚えておいて損はないスキルかと思います。どうせ時間を描けて覚えるならポテンシャルが高く、広く使われているRhinocerosを学んでみませんか。

まとめ

 次回から基本的な操作法、UIの見方などについてはじめてRhinocerosに触れる上で重要な部分を書いていきたいと思います。

完全初心者からの3Dモデリング入門
3Dモデリングに関する記事はこちら

記事のアップを待てない!という方は下の動画チュートリアルが分かりやすいのでご参考ください。(※最新版のRhinoと一部UIの違い等があり)

記事の更新をFacebookでチェック!


はてなブックマーク

One Response

  1. […] 3Dモデリング 入門 -Rhinocerosのすすめ 2015年1月28日 […]

Leave a Reply