コペンハーゲンのホテル事情

posted in: Others, デンマーク | 1
はてなブックマーク

コペンハーゲン のホテル事情

やっと家探しも一息付きました。噂に違わずコペンハーゲンの家探しは中々大変でした。家に入れるまでに多少時間があったため、その期間をつなぐ宿泊施設を見つけるまでに調べた内容を報告します。

ホテル について

価格はどの程度?

 通常はXpediaやBookingなどのサイトで見つけるかと思います。ただし、宿泊費が高いです。安くても1万程度、2万円以上するところがざらにあります。2万円クラスのホテルの場合は、アメニティあり、室内清掃毎日、朝は朝食ビュフェがつくなどかなり快適に過ごせます。(とはいっても日本の一泊2万円クラスのクオリティは期待しないほうがよいとおもいます・・・)私が宿泊したところは2万円クラス以上でしたがボーイさんなどは特にいませんでした。基本的にチップは必要ないかとおもいます。

インターネット環境は?

 基本的には宿泊者はフリーWifiが使えるところが多いです。重要視する場合は宿泊前にサイト等で確認しましょう!大体はパスワードなどが宿泊者の部屋番号と名前等になっており設定すれば使うことができます。

イベント等について

 ホテルによっては観光ツアー等が設定されているところもあります。入り口にパンフレットがおいてある場合がおおいので調べてみましょう。自転車の貸出等もやっていたりします。

その他サービス類

 高級ホテルの場合、ルームサービス、クリーニングサービス、室内冷蔵庫等がついていたりします。これらは基本的に有料です。

Air bnbの活用

ホテル より安くて快適?Air bnbを活用しよう。

 こちらに来てから職場の人等に宿泊場所について相談するとAir bnbの活用を勧められるケースが結構多いです。Air bnbとは現地に住む人の家や部屋を借りることのできるサービスです。特にコペンハーゲンではAir bnbサービス利用者が多いので過去の評価で安心できる人がいれば利用してみるのもよいかもしれません。サイトを見る限り一泊5000円台くらいから立地も良く綺麗な部屋を借りれる場合も多そうです。

条件等

 この辺りは各家庭により異なります、大抵の場合はインターネットなどは使わせてもらえるケースが多い様です。場合によっては朝ごはんをご一緒させてくれるところもあるみたいでした。宿泊相手とのやりとりは基本英語ですることができます。

向くのは短期滞在向け?

 
 良いホストさえ見つかれば快適なAir bnbですが、長期宿泊に対応できるご家庭は多くないでしょう。私もAir Bnbのカレンダーとにらめっこする時期がつづきましたが、長期滞在できそうなところがみつかりませんでした。数日毎に移動するのはしんどいと考え今回はAir bnbの利用を見送りました。

ホステル について

 私の場合は結局ホテルの代金を数十日に渡って払う余裕と、数日毎の移動を避けたかったこともありホステルを利用しています。ここが中々面白い場所なので様子を書いてみます。

価格について

 価格は曜日等によって異なりますが、ドミトリー形式(共同部屋)の場合は一泊3000円〜5000円くらいで泊まることができます。朝食を希望する場合は一色1000円弱で朝食を取ることも可能です。

施設について

 部屋は基本的にベッド+αくらいのスペースになります。私は6人1部屋の条件で泊まっています。一人に1つずつロッカーが与えられており、受付で600円で南京錠を購入することができます。ホステルは見知らぬ人との共同生活になるので鍵は必須かとおもいます。

部屋にはトイレとシャワールームがあり、皆で共同で利用します。男女共用というカオス空間なので組み合わせによっては色々と気を使うかもしれません。

私の宿泊中のホステルには共有のフリースペースがあり、ここがなかなかおしゃれなカフェみたいで快適です。夜はバーになり、ダーツやビリヤードなど(無料)を楽しんだり、お酒を飲んだりできるようになっています。その他スポーツが放送されているテレビや、曜日によってはカラオケやダンスパーティが行われています。なんでもこのフリースペース目当てで宿泊者以外も遊びにくるんだとか・・・

ホステルのフリースペースの様子

ホステル

どんな人が宿泊するの?

 まだ宿泊3日目の新参ものなので把握していないのですが比較的年齢が若いバックパッカーの様な人や学生さんが多いとおもいます。私の部屋はイギリス人、ノルウェー人、イタリア人、中国人、日本人、デンマーク人とかなり国際色豊かでした。(もちろんどんどん入れ替わっていきます。) 海外の人はどうも服を着ないで寝る人が多いみたいで、油断してるとびっくりします。女性も基本的には安全かとおもいますが部屋にどんな人がくるかわからないので男女別の部屋がよいかと思います。

ホステル の良いところ

 これまでの内容だけだとかなり気を使いそうな印象を与えてしまうかもしれませんが、私はかなり満喫しています。ホテルのときは一人で過ごす事が多かったのですがホステルでは飲みに誘われたりすることも多いです。そのため、一人では体験しなかったと思われる現地のナイトライフに触れることができました。コペンハーゲンは治安がよいので一人で酒場等にいっても基本的に問題はないですが、友人がいないなか一人で皆が飲み、歌い、騒いでいるバーにいくのは私にとってはハードルが高かったので良い経験になりました。

ホステル の△なところ

 ホステルではナイトライフをエンジョイしている人が多いため、静かにぐっすり寝たい人にとってはストレスを感じるかもしれません。私が昨夜AM3時過ぎに部屋にもどりましたが6人中だれも帰っていない状態でした・・・・ いびき、会話、etc.が気になる方はホテル等にしたほうが無難でしょう。

まとめ

 今回はコペンハーゲンの宿泊施設の事情について紹介しました。ホテル、Air bnb、ホステルと一長一短です。予算と目的に合わせて最適な宿泊場所を見つけてみてください!

ホステルはこのコペンハーゲンの中でも最も特別な場所の1つなんだぜ! (by バーで出会ったコペンハーゲン市民)

記事の更新をFacebookでチェック!


はてなブックマーク

One Response

  1. […] コペンハーゲンのホテル事情 […]

Leave a Reply