留学振り返りと東京西部のファブスペース計画について

はてなブックマーク

デザインスクールの留学から帰国して一年くらい経過したので、近況や今後について少し書いてみたいと思います。


最近の活動について

帰国してからは企業の研究者と大学院の博士課程生という二足のわらじで活動しております。

また上記の活動以外にも、今年の夏はデザインスクール留学説明会でCIIDの紹介をさせていただいたり、海外のデザインスクール留学の経験者や希望者を集めたMeet Upイベントを主催させていただきました。

留学説明会にもMeet Upにも予想以上に多くの方にお集まりいただき、海外デザインスクールでの授業カリキュラムや様々なキャリアの事例をお互いに交換する事ができました。


Designmap

Design Meet Up関係者の出身校等(企業名等は伏せております)

個々数年日本でも、デザイン界隈が盛り上がっておりますが、アジア、アメリカ、ヨーロッパと様々な学校で学んでいる人が予想以上に沢山いることに驚きました。

デザインスクールの情報交換の需要はありそうでしたので、今後も折をみて説明会や交流会の機会を設けたいと考えております。
今後も開催する際には、Facebookページなどに告知すると思いますので、興味の有る方はフォローしておいていただけるとお役に立てるかもしれません。

Facebookページはコチラ


留学はその後のキャリア形成にどう影響しているか?

デザインスクールへの留学を検討されている方は、その後にキャリアパスに興味がある人が多いのではないでしょうか。

私の場合は、会社での主な仕事内容は留学前後で大きく変わってはいないのが現状です。(この点は組織の考え方や個々のキャリア志向にも影響するでしょう。)

一方でサブワークでは、デザイン思考を活用したテーマ探索トライや、組織でのデザイン思考の導入といった活動やイベントで声がかかる機会がとても増えました。

社外に目を向けると、ヘッドハンター経由で以前では考えられない様なユニークなジョブオファーが直接くるといった事やディスカッションをしたいと直接お声を掛け頂くことも増えました。

いわゆるビジネスにおけるデザインの需要は現在の日本にはありそうです。(年齢や他のスキルも当然影響するでしょう。)

デザインに関わる仕事に就きたい人にとっては海外デザインスクール留学は良い選択かと思います。
一方でデザイン思考を活用した〜〜といった仕事も会社によってかなり異なるのが現状でしょう。
留学後に大きなキャリアチェンジを考えられている方はあらかじめ様々なケースや今後の企業が求める人材像について考えておくと良いかと思います。

私の場合は現時点ではエンジニアリング(メインワーク)、デザイン(大学)という形で2つの柱を同時にもう少し強化したいと考えております。
個人の印象としては仮に海外デザインスクールに留学しても、ビジネス現場で有効な打ち手として活用するのは難しい印象です。

デザイン分野に限らず学校での学びを現場で使える様にするためには、実践やより多くの経験が必要になりそうです。
そういった実践経験を詰むための入り口にたつためには留学は有効な手段になるかもしれません。

あるいは無理に留学という選択をしなくても、直接顧客と接しながら自ら提案をしていける様な職種ではかなり実践的なスキルを学べると思います。
実際にフリーランスや人数の少ないスタートアップ企業の方はかなり実践的なデザインを使われていると思われます。その上で本当に訂正データ分析、
エスノグラフィ、コンセプト立案、ストーリーテリング etc.を学びたいと思えばそれに合った進学先を見つけるというのも1つの手かと思います。


これからについて

少し今後のやりたいことを自らの覚え書きとして書いてみます。

研究開発についてはより量産に近いフェイズやアライアンス等を含めてより広い範囲で技術を取り扱う経験を積みたいです。

一方で大学では、コンセプチュアルな部分で本当に0−1を生み出すところに挑戦してきたいです。

そして欲張りですが最後にもう一つやりたいことは、デザインの考え方やプロセスをもっと多くの人に知ってもらう、同時に多くの人から学べる場を作りたいと考えています。

その活動を通して、何かを作る事に喜びを見出す人が増えて、ひいては社会に還元される様になる事が1つの夢です。
これは会社や学校だけでなく、むしろ全く異なるバックグラウンドの人達ともデザインへの興味という共通項でつながる事で実現したいと考えています。

かなり壮大な話になってしまいますが、思うだけでは実現は難しいので、やはりデザインプロセスで学んだ様にまずはプロトタイプをする必要がありそうです。

そんなこともあり、最近少しずつ活動を開始しました。
現在東京西部にFab機能を有したコミュニティスペースを作る事を考えています・・・・というかもう土地を契約してしまいました
(このスピード感がRapid Prototypeという感じで良いのですが、人生プランに直接影響を与えかねない額なので焦りすぎず行きたいと思います・・・

現在は建築家さんと一緒に建物を設計しつつ、レーザープリンタやら3Dプリンタをはじめとした設備も整えようとしております。

コンセプトや運用方法も様々な人の意見も聞きつつ、リアルな場でのInteraction Designの輪を広げていけるように活動していきたいと思います。

お読み下さりありがとうございました。

記事の更新をFacebookでチェック!


はてなブックマーク

Leave a Reply