Rasphberry Pi ケース を自作してみた| 3Dプリンタ 編

posted in: DIY, Make, Material, Technology | 2
はてなブックマーク

最近は勉強がてら前に購入したまま放置されているRaspberry Piで遊んでいます。

前回の記事でRaspberry Piの ケース についてまとめてみました。実際に自分用も欲しくなったので、今回は3Dプリンタを用いて作成してみました。

Interaction Design Circle
Raspberry Piケースの入手法についてのまとめ記事


3Dプリンタ で Raspberry Pi ケース を作ってみよう

3Dプリンタ製ケースとは?

 3Dプリンタ製のケースの入手法について紹介します。はじめに3Dプリンタでケースを作成する際の準備と知っておくべき事について紹介します。

必要なもの

最低、次の2つが必要になります。

  • 作成するケースの3Dデータ
  • 3Dプリンタ or 代替サービス

当然ながら3Dプリンタで出力するデータが必要になります。3Dプリンタか3Dプリントサービスを利用する必要があります。(今回は3Dプリンタを利用する方法について述べます。)

利点と欠点

 3Dプリンタで作ることの利点はオリジナリティの高いデザインが得られることではないでしょうか。また目的に合わせて壁にかけられる様にするとか、ブレッドボードを取り付けられるようにするとか柔軟に仕様を変えられるのも良い点かと思います。コストも身近に使える3Dプリンタがあれば安価で済むケースもあります。

一方で品質については前回紹介したAmazonで購入するものに比べると低いです。3Dプリンタの出力品は、冷却時の収縮による僅かな反り等があるため多少クオリティは下がる傾向がみられます。まあ正直あまり気にする程でもないかと思います。

この様な状況を踏まえて3Dプリンタ製のケースが欲しいか考えてみてください。

3Dモデル の 入手法 について

3Dプリンタで出力するための元データ( 3Dモデル )は大きく分けて「作る」か「ダウンロードしてくる」の2つの選択肢があります。

3Dモデル の作り方

3Dモデル を作りたい人はいわゆる3DCADソフトを使い製図を行い、利用する3Dプリンタまたは3Dプリントサービスに適したフォーマットのファイルを用意する必要があります。

もし3Dモデリングに興味の有る方は3Dモデリングが可能なRhinocerosの使い方を下のチュートリアルでまとめているのでご参照ください。

Rhinoceros チュートリアル
完全初心者からの3Dモデリング

また既に3Dモデルを書ける人にとっても Raspberry Pi の3Dモデルがあった方が便利かと思います。このデータは下のURLからダウンロード可能です。

Raspberry Pi Model B+ – Parasolid, STL, STEP / IGES, SOLIDWORKS – 3D CAD model – GrabCAD
Raspberry Pi Model B+のCADデータ

Raspmodelb

Image via GrabCad

3Dモデルデータ を ダウンロードする方法

自分で作らずに既に誰かがデザインしたRaspberry Piのケースのデータをダウンロードする事も可能です。私も今回は強度等の条件を確認したかったのでダウンロードをしてきました。ライセンスフリーでダウンロードをできるサイトは色々ありますが、下のサイトは特におすすめです。

Thingiverse – Digital Designs for Physical Objects
3Dオブジェクトの共有プラットフォーム

それではThingverseの中からRaspberry Piのケースをダウンロードしてみましょう。Raspberry Pi Case等で検索すると色々な作品がひっかかると思います。私はこちらの作品を選択してみました。

Rasphcase 

それではここまででRaspberry Pi用のケースの3Dモデルデータを入手できたかと思います。続いて印刷を行ってみましょう。

3Dプリンタ を用いて ケース を作成しよう

ここからは3Dプリンタで印刷するのみとなります。詳細についてはお使いの3Dプリンタのマニュアルをご参照ください。また3Dプリンタをお持ちでない方も下の様な3Dプリントサービスを利用することでケースを入手することができます。

3Dプリント | 店舗サービス | キンコーズ・ジャパン
Kinko’sの3Dプリントサービス

多少割高かもしれませんが、はじめて利用するにはRaspberry Piのケースは丁度よいかもしれません。機会があったらサービスの比較記事も書いてみたい。

私は今回はUltimaker2という3Dプリンタを利用しました。この機種はシンプルなみためと扱いやすいインタフェースのためか、私のいるデザインスタジオだけでなく、他のグループでも結構使われているみたいです。

見た目はこの様なシンプルなキューブ形状をしています。

Ultimaker2

Ultimaker2 の外観

Ultimaker2 の 3Dオブジェクト作成フロー

イメージを共有するためにUltimaker2ではどの様に3Dオブジェクトを作っているか紹介します。はじめにUltimaker2用のCADソフト(Cura)をダウンロードする必要があります。


Ultimaker2のCADソフトCura

このソフトはstl形式等のファイルを読み込むことができるので、前項でダウンロードもしくは作成したモデルを読み込んでみましょう。

Curaを最初に起動すると設定画面がでてきますが、言語はEnglish, 機器名はUltimaker2を選択しましょう。

バイナリ形式でStlファイルを読み込むと下の写真の様になります。

Curasetting

上のSDのアイコンをクリックすることで作成されたUnicodeのファイルをSDカードに書き込みます。SDカードをUltimaker2の本体に差し込み、ダイヤル上のシンプルなUIで操作します。
書き出したファイル指定すると、射出部位の加熱がはじまります。加熱が終了すると自動的にプリントが始まります。

Case making

本体には代替の予想終了時刻が表示されています。特に壊れやすい様な形状でなければ基本的に放置で大丈夫です。形状については各機器のマニュアル等をご参考ください。

Case bottom

3Dプリントが終わったあとは、台座からケースを剥がして下さい。(終了直後は多少熱い時があるので注意)角の部分等は必要に応じてヤスリ等でファイリングしましょう。

完成・・・そして・・・

ついに完成しました。(色が真っ黒なのは私が上面、下面共に黒のABSで作成したためです。)

Case 3dprinter

3Dプリンタで作成したRaspberry Piのケース

クールなデザインに端子を塞がない機能性! これで快適Raspberry Piライフがはじま・・・・っ!?

!!!!!!!!

しまった、ケースがRaspberry Pi model B 対応のやつだった・・・・(私が使用しているのはmodel B+なので完全に入らない・・・・)

上の方で

モデルを間違えないようにしましょう(キリッ)

とか言っていたのが恥ずかしい・・・

Blogだけみると大変に見えるかもしれませんが、実作業時間は15分程度です。待ち時間が7〜8時間程度です。
そのためもう一回適正なモデルを選んで作るのはたやすいのですが心が折れました。いつかはもう少しこだわったケースを3Dプリンタでモデリングから含めてやってみたい・・・

とはいえケースなしで使い続けるわけにもいかない。

そして私はLEGO SHOPに向かうのであった。 To Be Continued



記事の更新をFacebookでチェック!


はてなブックマーク

2 Responses

  1. Interaction Design Circle
    | 返信

    […] 関連リンク Rasphberry Pi ケース を自作してみた| 3Dプリンタ 編 […]

  2. […] Raspberry Pi ケース を 3Dプリンタ で自作してみた […]

Leave a Reply