Raspberry Pi ケース の選択肢について調べてみた

posted in: Gadget, Material, News, Technology | 2
はてなブックマーク

Rasphberry Pi が話題になって随分と日が経ちますが、最近になって私も勉強のために触りはじめました。WEB上のTipsをみながらなんとかセットアップを行いMacからのSSH接続やNASの設定等をひと通り行ったところです。

ケース が無いむき出しの状態のため、現在良いケースを探しています。今回はその情報収集の過程で、世の中の人が色々な方法でケースを作っている事に感動したので、簡単なまとめ記事を書いてみました。


Raspberry Piとは?

Rasphberry PiとはクレジットカードサイズのLinuxコンピュータです。マイクロUSBからの給電で動作する事ができ、外部のセンサ等とつなぐことができるGPIOの端子を持っている等の特徴を持っています。元々は教育用に作られたそうです。コンピュータであるのでマイクロコンピュータのAruduinoとは異なり、サーバーとして動作させる等かなり複雑なことまでできる点が面白いです。

Raspberry Pi

Raspberry Pi の外観

教育向けのツールとして開発されたせいか、公式HPでは可愛らしいアニメーションで紹介されています。

What is a Raspberry Pi? from Raspberry Pi Foundation on Vimeo.

より詳しい情報に興味の有る方は下の公式サイトやWikipediaもご参照下さい。

Raspberry Pi
Rasphberry Pi公式ページ 使い方等も解説あり

Raspberry Pi – Wikipedia
Wikipedia 詳しい使用やモデル毎の違い等の記載あり

Raspberry Pi ケース を求めて

そんなRasphberry Piですが、購入すると基板がむき出しの状態で届きます。ちなみに基板にはOSは入っておらず自分でSDにカードに焼いてセットアップします。そのために

Micro SDカード

HDMIケーブル

USBマウス

USBキーボード

外部ディスプレイ

MicroUSB 電源(携帯用の5V出力のもので大丈夫です)

あたりが必要になります。基本的にはこれらがあればLinuxコンピュータとしてセットできるのですがケースがなく、剥き出しになってしまいます。

さすがにこのままでは不便なのでケースを探そうとおもったら以外にこの世界がディープでした。

購入できる Raspberry Pi ケース

実はAmazonで購入できます。正直普通に使うならこのあたりで十分だと思います。(
自身のRaspberry Piのモデルに適したケースを選ぶ様に注意してください。

シンプルで半透明なブラックケース(ModelB+用)

スモークがかかっていてかっこいいケース

カラフルなケース

マニア向け?複数スタックできるケース

白のシンプルな筐体のケース

熱の影響を和らげるヒートシンクは単体でも購入可能

自作する猛者達

 著作権があるので写真は載せられませんが、私のコメントとリンクのみを掲載させていただきます。ぜひ興味があるものについてはリンク先をご覧ください。

安く作りたい

Rasphberry Pi自体が価格を抑えるためにかなり苦心されている製品です。だからこそ価格を少しでも抑えたいという人もいるかと思います。

こちらのブログの著者様はトレーディングカードのケースを用いることで54円で自作をされています。なるほど・・・その手があったか・・・

Raspberry Pi(ラズパイ) Model B+のケースを54円で自作してみた
トレーディングカードのケースを用いた自作例

海外ではダンボールで作られた方もいらっしゃいました。ここまでくると逆におしゃれに見えてきます。

Pibow Enclosure for the Raspberry Pi® Model B by robduarte
ダンボールを用いたケース

缶を用いたケースもありました。リークや感電が多少不安ですがとてもかわいらしい見た目です。

How to Make a Raspberry Pi Case From an Altoids Tin
缶を用いたケース

美しくしっかりとした筐体

下の例はもう少ししっかりした材料を用いて頑丈なケースを自作されています。特殊な機器を使わずに作っている点も素晴らしいです。上部にブレッドボードが付いているのでフィジカル・コンピューティングの開発にも向いていそうです。欲しい・・・

pbo

こちらはブレッドボードなしですが、シンプルでしっかりとした構造を組み立てられています。美しい・・・

Raspberry Piのケースを作ってみた | とりあえずやってみる
簡易Raspberry piケースの作り方

ラズベリーパイのケースを自作 | 駆け出しSE技報
アクリルとジェラコンスペーサを用いた作例

LEGOを用いたカラフルなケース

デンマーク在住としては外せないのがLEGOによる自作です。こちらは公式HPに詳しい作り方が乗っていました。女の子が作ったようです。

Biz’s LEGO case – the Boreatton Scouts hit Germany. | Raspberry Pi
LEGOを用いたRasphberry Piケース

こちらの記事では、ホイールもつけたLEGO Rasphberry Pi ケース をご提案されています。そのままサーボでも積めばラジコンになりそうな想像力を掻き立てるデザインです。

RaspberryPiのケースをLEGOで作ってみた – デジタル小噺

もはやLEGO作品に見えてしまう様な逸品も・・・

LegoでRaspberry Piのケースを作ったよ – クジラ机ブログ
まるでレゴ作品の様なケース

まとめ

 Raspberry Piは本当に一昔まえでは考えられない様な面白いツールかと思います。世界中の人がソフトウェアだけでなく、それを持ち運ぶケースにも色々な工夫をしながら楽しんでいるようです。私もLinuxはほぼ初心者でしたが、本やWEBのドキュメンとを便りに真似ることで簡単にサーバー等が作れました。今後はケース等の見た目も含めて楽しんでいきたいと思います。

もしRasphberry Piをはじめて見ようと思っている方はこちらの書籍がおすすめです。Linuxコンピュータは完全に素人ですがWEB上の基本情報と合わせてこれ一冊で問題なくセットアップできました。

記事の更新をFacebookでチェック!


はてなブックマーク

2 Responses

  1. […] Raspberry Pi ケース の選択肢について調べてみた 2015年2月4日 […]

  2. Interaction Design Circle
    | 返信

    […] 関連リンク Rasphberry Pi ケース の選択肢について調べてみた […]

Leave a Reply