メーカー研究者の情報収集方法/ Toolを用いて効率良く情報を集めよう

posted in: Column, Make, Technology, Tool | 0
はてなブックマーク

ツールを利用して効率よく情報を収集しよう

突然ですが、みなさんはどうやって情報を収集していますか?

日々膨大な情報が流れているため、自分にとって重要な情報に素早くアクセスできるかはとても重要な意味を持つのではないでしょうか。

これらの情報収集活動について私が現在使っている or 使っていた方法や感想を紹介します。

当たり前と感じる内容も多いかとおもいますがご容赦ください。Toolを使ってより効率的に情報を集めてみましょう。

ぜひ皆さんもおすすめの方法があれば教えてください。

この記事はまともに書くと分量が多くなりそうなので、概要だけ書き随時更新していきたいとおもいます。

最終更新日(2014年7月27日

ニュースサイトやブログメディアからの情報収集

GoogleやYahoo等の検索サイトのニュース一覧

気になるニュースやトピックのニュースを検索する。あるいは大手サイトのニュースのまとめ一覧から情報を集めるといった手法は多くの人が使っている手法かと思います。

課題は検索の場合は自分が認識しているトピックしか知ることができないこと、一覧だと時間が多くかかること等が挙げられるかと思います。

ニュースまとめアプリを活用する方法

上の課題に対しての一つの答えはニュースキュレーションアプリを利用することかとおもいます。

これあのアプリケーションを使うことで情報が一定の感覚で入ってきます。最近はチャンネルとして特定のWebサイトを登録することもできるので、必要なトピックにアクセスすることも容易になっています。

代表的なアプリとしてはスマートニュースやグノシーがあります。

スマートニュース/圏外でもニュースサクサクSmartNews
制作: SmartNews, Inc.
価格: 無料
平均評価: 4.4(合計 26,135 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

3分で雑談力をつける まとめ読みアプリ【グノシー】
制作: Gunosy Inc.
価格: 無料
平均評価: 3.9(合計 11,986 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

特定のコンテンツに特化したブログメディアをみつける

常においかけるべき情報がある程度定まっている場合は、その内容に特化したブログを見つけるのもよいかと思います。

私の場合はガジェット系はEngadget様、科学系ならMaterial science news等という形で内容をチェックするようにしています。

質の高い情報を検索する方法

上で述べた様に自分の興味のある内容について述べているサイト等が集まってくると、巡回の手間がかかるようになってきます。

この様な場合はRSSリーダーなどに登録することがおすすめです。

RSSリーダーとはサイトから更新情報を教えてくれるサービスです。

色々なサービスがありますが、私の場合はOld readerというリーダーを利用することで検索ができるようにしています。これは現在ではサービスが終わってしまったGoogle Readerに使い勝手が似ており、重宝しています。

The Old Reader
検索機能を有するRSS Reader/The Old Reader

ソーシャルメディアの活用

続いてソーシャルメディアの活用について紹介したいとおもいます。

Twitter

Twitterは140字のつぶやきを投稿できるサイトです。

Twitterには検索機能が備わっているため、自分が気になるトピックをつぶやくユーザーや情報サイトをリストにまとめることで、スマホやPCで気軽に情報を確認することができます。

リストによって管理することでより上手く活用できるかと思います。

最近はマルチアカウント、リスト毎のタブ設定機能があるため、iPadではJanetter、AndroidではTwidereというアプリを使っています。

Twidere for Twitter
制作: mariotaku
価格: 無料
平均評価: 4.3(合計 4,551 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

Facebook

Twitterと同様に自身の興味あるトピックに合致したFacebookページが見つかればフォローしてみるのもよいでしょう。定期的に情報が集まります。

特に自分と同じ分野に感度の高いユーザーはかなり良い情報をリアルタイムに更新してくれます。

Facebook
制作: Facebook
価格: 無料
平均評価: 4.0(合計 19,090,291 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

Tumblr

こちらはTwitterに比べてもう少し長い文章を投稿することができるサービスです。ハッシュタグ等でまとめて調べることができるので、こちらも重宝しています。

Tumblr
制作: Tumblr, Inc.
価格: 無料
平均評価: 4.4(合計 906,183 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

これらの複数のソーシャルメディアの情報はFlipboard等のアプリにより統一することでより簡単に眺めることができます。Flipboardは非常に協力なアプリで、確認したい情報サイトが決まっている人にとっては上で紹介したニュースキュレーションアプリの代わりに使うようことも可能です。

Flipboard: あなたのソーシャルニュースマガジン
制作: Flipboard
価格: 無料
平均評価: 4.5(合計 585,749 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

有料情報サイトに登録

これはいわゆる新聞の電子版等の定期購読のコンテンツです。

おそらく、日本経済新聞の電子版が一番有名ではないでしょうか。

これだけ情報が流れている現在においてですが、本当に質の高い記事を安定的に得るには有料コンテンツを購入することも視野にいれてもよいかと思います。特に新聞は紙よりタブレットなどを介してみるスタイルの方がより快適なため現時点で新聞を購読されている方にとっても有用なオプションになるのではないでしょうか。

キュレーションサービス等が定着しつつありますが、今後は記事のオリジナリティや質が重要度をましていくかとおもいます。

そんな私が密かにおすすめするのがWall Street Journal 電子版です。

最初の8週間は毎週100円で読めるので、興味のある方はぜひ試してみてください。

記事の質も高く、キャンペーン期間が終わっても日経電子版の約半額で利用ができます。

また海外記事が気になる方はそのまま海外版も英語ですが読むことができ、日本以外での注目事項をチェックすることができます。

The Wall Street Journal
制作: Dow Jones & Company, Inc.
価格: 無料
平均評価: 3.7(合計 12,207 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

まとめ

多少長くなってしまいましたが、私の現在の方法の概要を共有させていただきました。

ポイントは次の点になるかとおもいます。

  • 自分の知りたい情報を定義する
  • その情報を発信している媒体を把握する
  • それらを効率的に読むことのできるサービスを選択する

情報収集のより良い方法は、その人のライフスタイルや目的により変わってくるでしょう。今後も私自身も方法をアップデートをしていきたいとおもいます。

皆さんもおすすめの方法があればぜひ教えてください。

それでは、また。

記事の更新をFacebookでチェック!


はてなブックマーク

Leave a Reply